書くという事
チャリティに向けて色々と震災の様子など思い出しながら記事を書いていても、馬鹿のように涙が溢れてくるのです。
何か書いていて、ふとあのテレビ映像を思い出したり、過ごした日々を思い出したりしながら、何とも言えない胸に迫るものがあったかと思ったら、涙が溢れてくるのです。

皆きっとふるさとを持ち、ふるさとを思う気持ちは大きいのだと思います。まるで親を、子を思う気持ちのように、ずっと心の奥底から震える思いを持っているのだと信じています。
それはきっと国を思い、ふるさとを思い、友人を、家族を思っているあなたの心と同じだと思います。

私は私のできる事を、そしてあなたもあなたのできる事を
Alle Menschen werden Brüder,Wo dein sanfter Flügel weilt.
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ライブイベント日時
ライブイベントの日時は以下の通りです

2011年7月24日(日曜日)
12時開始
18時終了
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
イベント会場
ライブイベントの会場は基本的にGoBandGo.comがいつも使わせていただいている大分スポーツ公園内大芝生広場野外ステージを使用します。

実際に使用している様子です
写真-6.JPG


台風、雨天等の場合は野外でのイベントが難しいので、現在場所の確保に動いています。
イベントそのものを中止にすることはありません。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
なぜ岩手県に
私が直接義援金を持って行こうとしているのは岩手県です

何故岩手県かというのは、私が岩手県久慈市生まれであるという所からです。

直接持って行く事でピンポイントで支援できる、使われるだろう時期が早いといった事を考えたからです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
チャリティイベントの趣旨について
3月11日の午後、職場のテレビを見ながら「この映像は何?映画?」といった不思議な感覚を持ちました。現実とは思えないほどの鮮烈な感覚、想像をはるかに超えた「津波」の映像にその時釘付けになっていました。
既にYoutubeにはいくつか映像がアップされ、ニコ生、Ustreamとインターネットを通じても様子が配信されていましたが、しばらくはそこから目が離せず、むさぼるように溜まっていくそれらの映像にアクセスして見ていました。自分が生まれ育ち、多感な時期を過ごした東北の惨状を見るにつけ、あまりの悲惨な状況に涙が止まりませんでした。
自分にも何かできないだろうか?できる事があるだろうか?いつそれは実現させられるだろう?何をしたらいいんだろう?それらは心を巡ってぐるぐると回っていました。
東北からずっと離れてしまった自分の心も体も一気に連れ戻されたような気がしています。

現在、大分のアマチュアミュージシャンの支援としてライブ企画をしている自分が何かできることがないか考えた時、同じ企画のなかでチャリティ企画としてライブイベントを行い、同じように何かできないかと思われている方々の思いを被災地に届けられたらと考えました。
チケット代わりになるガジェットの製作費用を除いた売り上げ、エントリー費用、その時寄せられる義援金のすべてをこの手で現地へ持っていこうと思っています。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する